HOME > KIZUKIとは
現在のページ

本気で「改善」をお考えの方に!

TBTの技術伝承システム KIZUKIとは

ものづくり企業に、確実につなぎたい事を正確に伝えます。
問題点に「気づき」、結果を伴った「変化」をもたらすお手伝をいいたします。

7つのアプローチによって解決に導きます

  • 独自の動画加工・保存技術を駆使した「技術ノウハウ伝承」
  • 気付きにより会話を促進する「モチベーション向上」
  • 動画をベースにした現場の「見える化コーチング」
  • ペーパー資料だけでは表現できない効果的な「教育」
  • 標準作業の基準や技術の本質を理解する「多能工化支援」
  • 作業標準から継続的な改善につながる「カイゼン」
  • ものづくり現場の声を集約したデータ分析による「生産性向上」

「現場の事は現場で解決!」がうまくいかないときに役立つのが、TBTの技術伝承システム KIZUKIなのです!

現場を動画で撮影、再生し、そこから見えてくるさまざまな問題点を携わる社員全員の共通認識とし、保管・活用する事が改善の糸口になります

「見える化」と「気づき」による改善シナジーで、多機能ツールとしても威力を発揮します。

改善までの流れ

気づきとは

「気づき」とは、それまで見落としていた問題点に気づくことです。

多くの企業では、常に「カイゼン」「多能工化」「生産性向上」「モチベーションUP」
心がけ、業績UPを行うために試行錯誤を行い、努力なさっておられます。

しかしながら、実際、目に見える「変化」に結びつく問題点に「気づく」事が
少なく、常に掲げられる永遠のテーマの様になっていることが殆どです。

時代や環境の変化に「気づき」、必要な「変化」を!

経営していく上では、ずっと変わらず持ち続けないといけないものと、
時代や環境に合わせて変えないといけないものを見極め、
変えなくてはならないものに「気づき」、変えてゆく努力が必要です。

今の時代は原理・原則に忠実に、現実・現物・現場を見る五ゲン主義の時代

昔は、経営者や管理者主体で行っていた問題点の「カイゼン」も、時代と共に、現場の社員・アルバイト・パートも一丸となって問題点を「カイゼン」する時代となりつつあります。

  • 変えてはいけない経営理念
  • 変えねばならない経営手法
こんなお悩みはありませんか?
人材育成に関するお悩み
・良い社員が採用できない
・俺の言うことを理解しない
・もっと頑張らない
・簡単に辞めていく
・今時の奴は何を考えているのか判らない
生産・経営に関するお悩み
・図面や計画通りになかなか進まない
・高機能な製品を短納期・適正コストで生産する必要がある
・技術を伝承するにも教える時間や機会が少ない
・多様化するお客様のご要望が増え、失注する
・思いがけないようなミスやトラブルが発生する

必要な「変化」を行うには、問題点に「気づく」必要があります。

何処に問題があって、何を変えればいいのか・・・
会議をして問題点を話し合っても、マニュアルを作り替えても、なかなか「変化」「結果」が表れない。
それは、「良い変化」をもたらす「問題点」に、気が付いていないことが原因です。
どうすれば「変化」をもたらす「問題点」に「気づく」事が出来るのでしょうか?

しかし、問題点に「気づく」事が出来ただけでは、「変化」は起こらないのです!

「変化」をもたらす「問題点」に「気づく」事が出来ただけでは、結果を伴った「変化」を起こすことが難しいのです。気づいた問題点を、きちんと「伝える」事が難しく、より良い変化を起こすためには、実際に作業を行う「従業員」一人一人が、自分たちで「問題点」に「気づく」事が大切なのです

現場における「KIZUKI」を活用したカイゼンのSTEP

STEP1:やる気がわいてくる!(全員の理解と小集団活動)
現場におけるシステム化は、皆の理解を得られないものや複雑なものは、使いづらく受け入れられません。環境整備やコミュニケーションのきっかけになることが皆のやる気を喚起します。

STEP2:自分で気づいて会話が生まれる!
現状把握を目的に動画に記録します。
この「見える化」から「気付き」になり、「会話」が生まれます(内部コミュニケーションの活性化)。

STEP3:具体的で効果的なコーチングツールになる!
改善点が具体化すると、「作業標準」が重要になります(標準のないところにカイゼンはありません)。同意が得られた「作業標準」について、戸惑いのある作業者に「コーチング」するツールとして利用します。(言葉だけの指導では、指導する側も負担が増えます。)

STEP4:基準と標準作り!(社員の経営参画)
作業標準の見える化を目的に写真を含む「作業手順書」を作成して現場に提示します。
また、定期的に見直しを実施して「作業手順書」の更新を進めます。

STEP5:全員参加の継続的な改善!
製造現場で必要とされる帳票群はシステムからExcelに展開されます。
Excelに展開する目的は、現場での2次加工(Excelへの追記・編集等)ができるように配慮しているためです。=「?でもができる化」のツール

資料請求・お電話でのお問い合わせ 06-6451-6001 メールフォームからの資料請求・お問い合わせ
TBTの技術伝承システム KIZUKI 無料視聴CD

言葉でお伝えしきれない「KIZUKI」の機能を、わかりやすい、動画にてご覧いただけます。

視聴CD発送申込み 無料視聴CDお申込みはこちら
Service
  • KIZUKIとは
  • 導入までの流れ
  • サポート体制
  • 活用事例
  • ご利用者様の声
  • 会社概要
  • よくある質問
  • 新着情報
  • 安心安全な食品衛生管理をご提案
  • エヌシーサイトアップドットコム
  • チームマイナス6%

RSS購読

PAGE TOP